東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 タケヤ交通(宮城県川崎町)は6月1日のダイヤ改正で、仙台空港とみちのく公園を結ぶ高速バス「仙台西部エアポートライナー」に仙台駅経由を試行運行するとともに、新たに磊々峡(らいらいきょう)に停車する。仙台西部地域への観光客誘致につなげる。

 仙台空港発は「タケヤ交通本社前」行きとなり、仙台駅前、秋保温泉湯元、秋保・里センター、磊々峡、みちのく公園に停車。

 2便増やし1日6便(12往復)運行するが、うち1便は仙台駅に停車しない。仙台空港~みちのく公園・タケヤ交通本社前の運賃は大人1700円(往復2890円)、子ども850円(同1440円)。

 西部エアポートライナーは昨年9月20日に運行。これまでに1792便を運行し614人の利用があった(4月末現在)。


※コメント欄ご利用にあたって

貸切バス

記事一覧

乗合バス

記事一覧


コミュニティバス

記事一覧

行政・業界ニュース

記事一覧