東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 信州とうみ観光協会(長野県東御市)は6月2日から、ワイナリーなど市内の魅力スポット10カ所を巡る周遊バス「まるっと信州とうみ号」を、昨年に続き運行する。今年は1日5便に増やす。

 しなの鉄道田中駅を基点に海野宿(重要伝統的建造物群保存地区)、日帰り温泉施設「湯楽里館」、市内初のワイナリー「ヴィラデストガーデンファームアンドワイナリー」、道の駅「雷電くるみの里」などを訪問する。

 運賃は2000円(1日乗車券)で、田中駅もしくは車内で販売する。運行期間は11月25日までの土・日・祝日と8月13日から16日。

 また、周遊バス乗車券と、しなの鉄道のフリー切符(軽井沢~田中間)をセットにした「休日ワインきっぷ」(2500円)を、軽井沢駅で同時発売する。


※コメント欄ご利用にあたって

貸切バス

記事一覧

乗合バス

記事一覧


コミュニティバス

記事一覧

行政・業界ニュース

記事一覧