東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 東京・小平市内で走る公共交通車両を集めた「バスとタクシーのひろば小平in2018」が19日、市内のブリヂストンTODAY駐車場で開かれ、家族連れら多くの人が集まった。主催は小平市地域公共交通会議など。

 市内のバス会社とタクシー会社がバラエティー豊かな車両を展示。バスは6社1団体。リラックマのラッピングを施した車両(立川バス)、ボンネットバス(NPOバス保存会)のほか、西武バス、にじバス、銀河鉄道、関東バス、京王バスの車両が展示された。

リラックマバスに興味を示す子どもや、ボンネット車両を懐かしそうに眺める人たちで賑わった。



にじバスの「こだ健体操」ラッピング車


三重交通で使用していたボンネットバス
(いすゞBXD30型)


子どもらに人気のリラックマのラッピングバス


銀河鉄道の路線バス車両


※コメント欄ご利用にあたって

貸切バス

記事一覧

乗合バス

記事一覧


コミュニティバス

記事一覧

行政・業界ニュース

記事一覧