東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 京王電鉄バス(東京都府中市)は、トロリーバスなどの乗車券をセットにした「立山黒部アルペンルート新宿きっぷ」の発売をこのほど開始した。新たにバスタ新宿発の昼行便を設けた。
 
 新宿駅西口~扇沢駅(長野県大町市)間の高速バスと、立山黒部アルペンルートを経由し電鉄富山駅(富山市)へ乗り継ぐセット券。アルペンルート内は高原バス、ロープウエー、ケーブルカー、トロリーバスなどに乗る。

 夜行便のみだったが、バスタ新宿を出発し信濃大町駅(大町市)で路線バスに乗り換えて扇沢駅へ向かう、昼行便(白馬行き)を設定した。復路となる電鉄富山駅発もある。

 11月4日まで発売。昼行便は毎日運行。夜行便と富山発便は8月は毎日運行、それ以外は月によって異なる。大人料金は昼行便1万3720円~1万4650円、夜行便1万4260円~1万5190円、富山発1万2910円~1万3840円。通常料金より400円~1430円安い。


貸切バス

記事一覧

乗合バス

記事一覧

コミュニティバス

記事一覧

行政・業界ニュース

記事一覧