東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 濃飛乗合自動車(濃飛バス、岐阜県高山市)は、創立75周年記念で製作した「オリジナルさるぼぼ人形」の愛称募集を、このほど開始した。

 運転士の制服の生地を使用し、体長1メートルのさるぼぼ人形を作った。人形が付けている帽子やエンブレム、社章も実物を忠実に再現。

 さるぼぼ人形は県の郷土工芸品。同社では、「地域や観光客に親しみを持って呼んでいただける素敵な名前を」としている。

 最優秀賞(1人)には、体長15センチのさるぼぼ人形と「飛騨牛&飛騨の地酒+飛騨の特産品詰め合わせ」 (2万円相当)が贈られる。応募受け付けは31日まで。当選発表は6月11日を予定。

 申し込みは同社ホームページ(https://www.nouhibus.co.jp/other/sarubobo_name/)。


※コメント欄ご利用にあたって

貸切バス

記事一覧

乗合バス

記事一覧


コミュニティバス

記事一覧

行政・業界ニュース

記事一覧