東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 小田急箱根高速バス(東京・世田谷区)は11日、小田急電鉄・特急ロマンスカー(70000形)の車体デザインを施した「GSEカラーバス」の運行を開始した。

 第1便が同日、カメラを構えたバスファンに見守られながら、バスタ新宿(渋谷区)を発車した。

 ロマンスカー・GSEのデザインを設計した岡部憲明氏が監修のもと、同じカラーリングをバスで再現した。

外観はバラの色を基調とした「ローズバーミリオン」、屋根部は深い赤色の「ルージュボルドー」、車体下部は「ムーンライトシルバー」、車体側面はロマンスカーの伝統色である「バーミリオンオレンジ」の帯をあしらった。

 車内は全席に三点式シートベルトやUSB電源を備え、無料WiーFiサービスも提供する。



GSEカラーバス(三菱ふそうトラック・バス「MS06GP」)


第1便の御殿場駅(静岡県御殿場市)行きに乗り込む乗客


停留所の前でカメラを構えるバスファン


バスタ新宿前の甲州街道(国道20号線)を快走


小田急・新型特急ロマンスカー・GSE(新宿駅)


貸切バス

記事一覧

乗合バス

記事一覧

コミュニティバス

記事一覧

行政・業界ニュース

記事一覧