東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 総合スーパーを展開するイオンは21日から、北海道の路線バスで同社の電子マネー「WAON(ワオン)」を使った実証実験を行う。十勝バス(帯広市)、くしろバス(釧路市)の運賃決済に対応する。

 導入する路線は、十勝バスの西地区コミュニティ路線、くしろバスのたくぼく循環線。いずれも定額運賃区間。今秋には、区間をまたぐごとに加算される、多区間運賃路線でも導入する。阿寒バス(釧路市)でも開始する予定。

 交通系ICカード以外の電子マネーで多区間運賃に対応するのは、全国で初めて。


※コメント欄ご利用にあたって

貸切バス

記事一覧

乗合バス

記事一覧


コミュニティバス

記事一覧

行政・業界ニュース

記事一覧