東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト


 いすゞ自動車は、大型路線バス「エルガ ハイブリッド(HV)」を全面改良し、13日発売した。2016年排出ガス規制に適合させるとともに新型のボディーやHVを採用し、基本性能と燃費性能の向上を図った。

 ボディーは広い室内空間を確保するため、ノンステップエリアや通路幅、後方段上部を含む室内高をそれぞれ拡大。優先席まわりの安全性を高めたほか、反転式スロープ板で車いす乗降の簡易化と時間短縮を可能とした。

 また、新エンジン「A05C」(排気量5123cc)を搭載。HVとセミオートマチック(AMT)の協調制御による変速最適化で、燃費を改善。15年度燃費基準を15%上回る低燃費を実現、エコカー減税の対象となった。

 目標販売台数は年100台。6速AMTの東京地区希望小売価格は3149万9280円(税込み)。


貸切バス

記事一覧

乗合バス

記事一覧

コミュニティバス

記事一覧

行政・業界ニュース

記事一覧