東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 兵庫県内のバス6社と淡路島の3市コミュニティバスは5月17日、共通フリー切符を発売する。神戸から淡路島まで高速バス往復と島内の路線バス・コミバスの乗り放題がセットとなる。

 県政150周年と神戸淡路鳴門自動車道開通20周年を記念して発売。参画するのは神姫バス、淡路交通、山陽バス、西日本JRバス、本四海峡バス、みなと観光バス。コミバスは淡路、洲本、南あわじの3市。

 新神戸・三宮を発着に北と南の2コースを設定。北コースは淡路、洲本方面へ向かい「東浦バスターミナル」「洲本バスセンター」「高田屋嘉兵衛公園」に停車する。洲本、南あわじへ向かう南コースは「洲本インターチェンジ」「洲本バスセンター」「陸の湊西淡」「福良」に停車。降車後、島内の路線バスを乗り継ぐことができる。

 料金は北コースが1日券3700円、2日券4500円。南コースが1日券4500円、2日券5300円。神戸三宮バスターミナル(神姫バス)と三宮バスターミナル(ミント神戸)で、来年1月31日まで期間限定で販売する。


※コメント欄ご利用にあたって

貸切バス

記事一覧

乗合バス

記事一覧


コミュニティバス

記事一覧

行政・業界ニュース

記事一覧