東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 広島電鉄と広島バスは5月13日から、広島駅を発着とする循環バス「エキまちループ」を運行する。八丁堀までノンストップで運行するほか、平和大通り沿いの3停留所(白神社前、並木通り入口、田中町)に停車し、市の中心部へのアクセス向上を図る。

 改札口に近いJR広島駅南口の停留所から、右回りと左回りの「循環系統」と、稲荷町や白神社前を経由する「市役所系統」を設定。

 循環系統は右回り、左回り交互に毎日運行する。平日昼間の運転間隔は5~6分。市役所系統は広島駅発時刻が午前7時25分~8時55分、市役所前発時刻が午後5時10分~午後7時の平日のみ運行。運賃はいずれも均一で大人180円、子ども90円。

 市の地域公共交通再編実施計画に基づき運行する。エキまちループは全国から公募した愛称で、「循環してつなぐ」がイメージできるとして採用した。