東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 奈良交通(奈良市)は9月21日から同23日まで、奈良公園周辺と法隆寺地域を結ぶ「世界遺産周遊急行バス」を運行する。奈良県と協力し実証実験として行う。点在する観光地のアクセスと速達性の向上、法隆寺地域の活性化が狙い。

 東大寺大仏殿・国立博物館と法隆寺前を約55分(通常路線は70分)で結ぶ。午前9時から午後3時台に1時間間隔で運行する。法隆寺前までの大人運賃は、東大寺大仏殿・国立博物館とJR・近鉄奈良駅からが760円、朱雀門ひろば前からが640円、唐招提寺東口からが600円、薬師寺東口からが560円。

新着ニュース

記事一覧