東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 熊本県内のバスと鉄道が9月14日、終日無料で運行される。九州産業交通ホールディングス(九州産交グループ、熊本市)が他社に呼びかけて「熊本県内バス・電車無料の日」を展開する。バスは路線バスのほか、コミュニティバスを含め全4099便が対象になる。県全域でのバスの無料化は全国初の試みで、費用は同グループが負担するという。

 熊本市の中心部で建設中の商業施設「SAKURA MACHI Kumamoto(サクラマチクマモト)」の開業日に合わせ、1日限定で行う。800台以上収容する立体駐車場を備えるが、初日の来館者を約10万人と予測。公共交通の利用を促し、施設周辺の混雑の緩和につなげる。

 対象のバスはグループの九州産交バス、産交バスのほか、熊本電気鉄道、熊本バス、熊本都市バス。鉄道は熊本市交通局と熊本電気鉄道・鉄道事業部。始発から最終便まで、同施設の発着に限らず無料。JRや肥薩おれんじ鉄道、南阿蘇鉄道、くま川鉄道は除かれる。

 九州産交グループでは「全国の中心市街地では、人口の集中や駐車場不足に伴う慢性的な渋滞が社会問題になっている。公共交通機関の利用が解決の一助にもなり得るというメッセージとともに、普段、公共交通になじみのない人の利用機会になることを期待している」としている。

 サクラマチクマモトには国内最大の29の乗降場を有する「熊本桜町バスターミナル」(旧熊本交通センター)が併設される。

新着ニュース

記事一覧