東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

  小田急電鉄(東京・新宿区)、江ノ島電鉄(神奈川県藤沢市)、SBドライブ(東京・港区)は8月21日から同30日まで、自動運転バスの実証実験を行う。昨年に続き藤沢市の江の島周辺の公道で実施する。信号情報の取得や交差点に設置のセンサーで対向車の有無を確認して右折するなど、実用化に向けた高度な技術検証を行う。

 車両は日野ポンチョをベースとした小型バス。定員8人。「自動運転レベル3」相当で走らせる。車掌が同乗し、試乗者の乗降介助や乗車時の本人確認、車内外の安全確認を行う。

 運行区間は、江ノ電バスの既定運行区間を一部延長した「県立湘南海岸公園中部バス駐車場」から「湘南港桟橋バス停」までの約4キロ(片道2キロ)。午前10時から午後4時の間に5往復する。

 26日から一般の試乗(無料)も可能。専用予約サイト(https://buscatch.jp/dtod/enoshima.php)で、20日午後3時まで受け付ける。先着400人。

新着ニュース

記事一覧