東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 関東鉄道(茨城県土浦市)は7月24日、県内で初となる2階建てバス車両を2台導入、高速バス「鹿島神宮-東京テレポート駅線」で運行を開始した。

 2020年東京五輪開幕の1年前に合わせた。鹿島神宮など運行区間の鹿行(ろっこう)地区には五輪サッカー会場の「茨城県立カシマサッカースタジアム」(鹿嶋市)があることで、車両には五輪ナンバープレートを装着し開催機運を高める。

 定員は59人(1階席10、2階席48、車いす1)。従来の車両より約1・5倍の輸送力を確保。エンジンがスウェーデンのスカニア製、車体がベルギーのバンホール製。

 1日4往復。鹿島神宮駅を出発後、鹿島神宮、鹿島市役所などを経由し、海浜幕張駅、東京ディズニーシー・東京ディズニーランド、終点の東京テレポート駅に向かう。所要時間は2時間30分。予約制。片道運賃は大人1650円~2060円。

(画像はいずれも7月24日、東京・江東区)

新着ニュース

記事一覧