東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 ジェイアール東海バス(名古屋市)は4月から6月まで、営業開始30周年を記念し「特割キャンペーン」を展開する。名古屋駅と東京駅を結ぶ高速バス(昼行便・夜行便)の運賃を割り引くサービスで、月曜から木曜の平日(5月1、2日は除く)に乗車する場合に適用する。

 昼行便の「新東名スーパーライナー」(新東名高速道路経由)、「スーパーライナー」(東名高速経由)、「中央ライナーなごや」(中央自動車道経由)の通常の片道運賃5250円を3000円(子どもは半額)に割り引く。

 3列シートの夜行便は「ドリームなごや」(一部は東京・新木場駅、岐阜駅発着)と「ドリームとよた」(愛知県豊田市など経由)の全区間の片道運賃が3000円となる。名古屋駅~東京駅間の場合、夜行便は通常片道6380円。

 このほか4月9日からキャンペ期間中、名古屋駅と大阪市のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)を結ぶ「青春大阪ドリーム名古屋」、名古屋駅と富山駅・金沢駅を結ぶ「北陸ドリーム名古屋」の各夜行便で運賃を割り引く。青春大阪は全区間片道3600円を2500円に、北陸は同4900円を3000円に。