東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 東北アクセス(福島県南相馬市)は7月18日、同市と東京駅を結ぶ高速バスの運行を始める。震災でJR常磐線に不通区間があるなか、首都圏と同市を直結する。

 毎日1往復走らせる。東京行きは原ノ町駅前を午前6時15分に出発。南相馬市役所に同6時25分、南相馬バスターミナル(BT)に同6時40分、常磐富岡IC入口に同7時15分、終点の東京駅に同11時12分に着く。南相馬行きは、東京駅を午後6時に発車。常磐富岡IC入口に同9時15分、南相馬BTに同10時20分、南相馬市役所に同10時35分、終点の原ノ町駅前に同10時45分に着く。

 金・土・日は原ノ町駅前を午後5時発の便、土・日・月は東京駅を午前10時30分発の便をそれぞれ運行する。

 南相馬市-東京間の片道運賃は大人5000円(子ども2500円)。7月24日まで開業記念とし、大人運賃を3500円に割り引く。4列シートで、「相馬野馬追」をラッピングした車両を走らせる。

新着ニュース

記事一覧