東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 西武バス(埼玉県所沢市)は7月3日、七夕に関する絵を車内に飾った「七夕バス」の運行を開始した。埼玉県狭山市の狭山営業所管内で8月4日まで運行する。「狭山市入間川七夕まつり」(8月3、4の両日開催)を盛り上げる。

 同社のマスコットキャラクター「エンジェ」と、狭山市のイメージキャラクター「七夕の妖精おりぴぃ」を車体にラッピングした。降車ボタンを押した時と狭山市駅西口発着時に、「たなばたさま」のメロディーを流す。

 狭山駅案内所では短冊を配布する。願いごとを書いて、案内所に設置の笹に飾ることができる。短冊は期間終了後、狭山八幡神社へ奉納する。

新着ニュース

記事一覧