東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 京成バス(千葉県市川市)は、ドライバー異常時対応システム(EDSS)を搭載した高速バス車両を1台導入し、このほど運行を開始した。運転者に急病など異常が発生した場合、運転席左側と客席最前部にある非常ボタンを押すと車両が徐々に減速し停止する。車内と車外には音と光で警告を発する。

 ベース車両は三菱ふそう「エアロエース」。定員56人(正座席44人、補助席11人、運転席1人)。衝突被害軽減ブレーキを備える。「新松戸駅・松戸駅-羽田空港線」で運行。

新着ニュース

記事一覧