東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 全国の空港アクセスバス事業者で構成する「空港アクセスバス・アライアンス(連合)」(ABA)は4月23日、琉球バス交通(沖縄県豊見城市)と沖縄バス(那覇市)が加入したと発表した。那覇空港と都市、観光地の間を結ぶ空港アクセスバスの路線や時刻などが「ABAポータルサイト」(http://www.airport-bus-alliance.com/)で調べられる。

 ABAは今年2月、外国人旅行客の増加を踏まえ、統一的な情報発信など有益なサービス提供を目指すことを目的に12社で結成。参画した事業者は京浜急行バス(東京・港区)、関西空港交通(大阪府泉佐野市)、大阪空港交通(豊中市)、北海道中央バス(小樽市)、宮城交通(仙台市)、名鉄バス(名古屋市)、北陸鉄道(金沢市)、広島電鉄(広島市)、伊予鉄バス(松山市)、西日本鉄道(福岡市)。それぞれ、羽田、成田、関西、大阪、新千歳、仙台、中部、小松、広島、松山、福岡の11空港に連絡する。

新着ニュース

記事一覧