東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 会津バス(福島県会津若松市、佐藤俊材社長)は31日、周遊バス「ハイカラさん」に新型車両を導入する。

 新車両はロイヤルブルーとワインレッドの2台。これまでと同じボンネットタイプのボディーを大型化し、座席数を12席から18席に増やした。シートは伝統的工芸品の「会津木綿」を使用し、乗り心地を改善。車いすの乗降が可能なドアとリフトが設けられ、バリアフリー対応とした。 

 降車ボタンには会津のマスコット「赤べこ」のデザインを施し、運賃箱は郷土玩具の「起き上がり小法師」がかたどられている。

 ハイカラさんは2001年に運行開始。会津若松駅を基点に鶴ヶ城や飯盛山など、市内の観光スポットを周遊するバスとして年間37万人以上の利用がある。運賃は大人210円(1回乗車)、人気スポット割引入場券セットの1日フリー乗車券は大人1500円。


※コメント欄ご利用にあたって

貸切バス

記事一覧

乗合バス

記事一覧


コミュニティバス

記事一覧

行政・業界ニュース

記事一覧