東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 川崎市交通局は、交通事故を招く恐れがあるとして、横断歩道付近に設置のバス停留所を廃止・移設した。

 「東小倉小学校」(川83系統)の新川崎駅・江口町方向は、バス停車時に横断歩道をふさぐため、道路の横断が危険となっている。移設の代替地がないため4月26日で廃止。同停留所の川崎駅西口方向は運用を続ける。

 「南生田四丁目」(生03系統)の鷺ケ峰営業所・聖マリアンナ医科大学前方向は、160メートル離れた場所に移した。4月27日の始発便から運用。

新着ニュース

記事一覧