東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 岐阜乗合自動車(岐阜バス、岐阜市)は、ドライバー異常時対応システム(EDSS)搭載の新型車両をこのほど導入した。運転者の急病など異常が発生した時に、運転席や客席に設置のスイッチを押すとバスが緊急停止する。

 ベース車両は三菱ふそうのエアロエース。左折時の左側面の安全確認を支援する「アクティブ・サイドガード・アシスト」を搭載した。

 座席数は正座席49席、補助席11席の計60席。全席に充電用のUSBコネクターを備える。車内で無料のWi-Fi(ワイファイ)サービスを提供する。

 高速岐阜八幡線、高速名古屋線、高速白川郷線、高速名古屋郡上八幡線などで走らせる。

新着ニュース

記事一覧