東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 京浜急行電鉄(東京・港区)は4月20日、2階席の屋根がないオープントップバス「KEIKYU OPEN TOP BUS 横浜」の運行を開始する。みなとみらい地区や横浜ベイブリッジを巡り、訪日外国人観光客ら旅行者に横浜の魅力を感じてもらう。

 横浜駅が発着。大黒ふ頭で折り返す「パノラマコース」(所要時間80分)と、臨海部を周遊し夜景が楽しめる「きらめきコース」(同60分)の2コースを設定した。バスガイドによる案内を行う。多言語音声ガイドシステムも導入する予定。

 土・日・祝日限定で運行する。パノラマコース3便(出発時間は午前11時、午後1時、午後3時)と、きらめきコース1便(同午後6時30分)を走らせる。定員は各便42人。料金は大人1800円(子ども900円)。

新着ニュース

記事一覧