東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 和歌山バス(和歌山市)は、バスロケーションシステムを導入した。バス停留所に掲出のQRコードをスマートフォンで読み取ると、車両の運行情報がリアルタイムで確認できる。

 対象は高速路線を除く路線バス全線。専用ウエブサイトにアクセスして自宅のパソコンなどからも利用できる。英語にも対応した。登録した乗車区間の運行情報を表示できる、スマホアプリの提供も開始した。

 デジタルサイネージ(電子看板)をJR和歌山駅構内、和歌山マリーナシティ、和歌山県立医科大学付属病院内に設置。日本語、英語、中国語(簡体字)、韓国語の4カ国語で案内する。

新着ニュース

記事一覧