東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 濃飛乗合自動車(濃飛バス、岐阜県高山市)は、高速バスの空席状況をリアルタイムで案内表示するモニター6台を、高山市の高山濃飛バスセンターに設置した。日本語と英語に対応する。

 高山発の高速バス全9路線と定期観光バス2路線が対象。利用日当日・翌日の空席状況や運休情報などが一目でわかる。空席状況は「空席あり」「席わずか」「満席」の3種類で表示する。

 待合室に4台(サイズは55インチ)とコンコース側用に2台(49インチ)設置した。空席状況を窓口で確認する利用者が多くいたため、混雑緩和を図る。

新着ニュース

記事一覧