東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 羽後交通(秋田県横手市)は4月1日、夜行高速バス「東京-象潟・本荘線」の共同運行を関東バス(東京・中野区)と開始。

 1日1往復運行。東京駅を午後9時20分に出発し、象潟駅前を翌午前5時15分、本荘駅前を同6時10分にそれぞれ着く。秋田地区ではほかに金浦駅前角、仁賀保駅前、西目高校前、本荘営業所にも停車する。

 東京駅からの大人運賃は、象潟駅までが片道9020円(往復1万6240円)、本荘駅前までが同9440円(1万7000円)。

 全席指定。独立3列シート(最後部のみ4列)の29席。乗車した人に数量限定で記念品をプレゼントする。

新着ニュース

記事一覧