東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 東武バス日光(栃木県日光市)は3月31日、定期観光バス車内で多言語ガイドシステムを導入する。GPSに連動し、車両の走行位置に合わせて名所を映像と音声で案内する。

 日本語、英語、韓国語、中国語に対応。日本語は車内スピーカーで、他の言語はヘッドホンで放送する。車両前方に設置のモニターで映像を流す。

 コースは鬼怒川温泉駅が発着。上橋、二荒山神社中宮祠、立木観音、華厳の滝、二社一寺を巡る。

新着ニュース

記事一覧