東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 観光庁は主要鉄道・バスターミナル80カ所の構内とバス会社などのホームページ(HP)の多言語表記について、全国一斉調査を今月展開している。確認事項は情報の連続性や誤訳、表記揺れ(用字用語の不統一)など。

 8日に福岡市営地下鉄博多駅、11日に札幌駅前バスターミナル、14日に那覇空港を調べた。

 HP調査はバス、鉄道を合わせ85社が対象。来月中に結果が出る予定。

[東京交通新聞3月18日]

新着ニュース

記事一覧