東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 阪急交通社(大阪市)は、豪華仕様のバス車両「クリスタルクルーザー菫(すみれ)」を開発、4月から運行を開始する。座席数が18席しかなく、大きなシートでくつろぎながら旅が楽しめるようにした。12日間で各地を巡る「日本周遊の旅」(東日本編と西日本編)を毎月企画するなど、需要が高まっている「ゴージャスツアー」で走らせる。

 日野自動車「セレガ」をベース車両としたバス2台を導入。デザインは工業デザイナーの奥山清行氏が手がけた。同氏は「高級イメージの阪急ブランドを追求した」と説明。阪急電鉄の車両カラーと、グループの宝塚歌劇団がイメージできる「すみれ」と名付けた。

 座席数は3列(2+1)シートで合計18席。観光バスで一般的な座席数(44~45席)の半分以下に。各座席の横幅は51センチで、前の座席との間隔は1メートル22センチ。リクライニング角度は最大129度まで調整できるなど居住性を高めた。

 広い眺望が楽しめるよう天井の荷棚をなくし、座席の前にハンドバッグなどが収納できるシェル(棚)を備える。コンセントとUSBポートも設置している。安全面ではドライバー異常時対応システム(EDSS)を搭載した。

 阪急交通社の松田誠司社長は3月18日、東京・港区の東京プリンスホテルで会見し、「豪華客船を使った旅行に人気があるなど、お客の嗜好は『高級、豪華、ゆとり』に変化している」と、新車両導入の狙いを話した。4月からの企画旅行商品「日本周遊の旅12日間」は、東京発と大阪発の2コース設定した。両コースで日本1周の旅ができる。各コースの価格は1人98万円。1日当たりのバス乗車時間は4時間程度とし、シニア層に負担がかからないようなツアーにする。

 運行はケイエム観光バス(東京・大田区)に委託。同社の太田晴久社長は「選抜乗務員を起用する」と本紙に語った。

(画像はいずれも3月18日、東京・港区)

新着ニュース

記事一覧