東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 明光バス(和歌山県白浜町)は4月1日、南紀白浜空港(同)に高速バスを乗り入れる。白浜地区と各地を結ぶ「東京線」「京都線」「大阪線」の全3路線の便を停車させる。

 夜行便で1往復運行の東京線は、発着地を「新湯先」から同空港に変更する。京都線は全2往復が、大阪線は9往復のうち5往復がそれぞれ乗り入れる。

 同空港の運営会社は、みちのりホールディングスなどが出資した南紀白浜エアポート。空港からスムーズに移動ができる交通ネットワークの拡充に向けて、空港内にバスターミナルを整備した。4月下旬には、串本や那智勝浦方面を結ぶ高速バス路線の開設が予定されている。

新着ニュース

記事一覧