東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 千葉内陸バス(千葉県四街道市)は、高速路線にドライバー異常時対応システム(EDSS)搭載の新車両を導入した。運転者が急病を発生した場合、運転席または客席に設置のスイッチを押すと車両が停止する。

 車種は日野自動車の「セレガ」。定員52人(正座席44人、補助席8人)。衝突被害軽減ブレーキシステム、車両安定制御システムなどの安全装置を備える。全席に充電用USBコネクターを設置。車内では無料のWi-Fi(ワイファイ)サービスを提供する。

 「羽田線」(千代田団地・四街道駅-羽田空港)、「稲毛成田線」(草野車庫・JR稲毛駅-成田空港)、「東京線」(ユーカリが丘-東京駅・国際展示場駅)で走らせる。

新着ニュース

記事一覧