東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 東武バスウエスト(さいたま市)と神奈川中央交通西(神奈川県平塚市)は3月16日、埼玉・川越地区と神奈川・湘南地区を圏央道経由で結ぶ高速路線「圏央ライナー川越湘南線」の運行を開始する。

 川越地区の神明町車庫を出発後、本川越駅と川越駅西口を経由し、湘南地区の本厚木駅、辻堂駅北口、藤沢駅にそれぞれ停車する。所要時間は、神明町車庫から藤沢駅までが2時間50分。藤沢駅から神明町車庫までが2時間43分。午前と午後に2便(1往復)ずつ走らせる。

 川越地区からの大人運賃は、本厚木駅までが片道1800円(往復3200円)、辻堂駅北口と藤沢駅までが同2000円(3600円)。

新着ニュース

記事一覧