東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 京都バス(京都市)は3月16日から、岩倉北部・市原地域へ均一運賃区間を拡大する。京都市交通局のバス・地下鉄乗車券「トラフィカ京カード」を全線で利用できるようにする。

 均一運賃(230円)は市バスと並走する区間で採用していたが、同社単独の運行区間にも導入する。市バスのICカード「ICCOA(イコカ)」定期券、地下鉄・バス一日券、昼間割引回数券も使用できる。

 トラフィカ京カードは1000円券と3000円券が販売されており、発売額に対し1割のプレミアムが付いている。バスからバス、地下鉄に乗り継ぐと120円割り引かれる。



       

路線バス

記事一覧

高速バス

記事一覧

観光・貸切バス

記事一覧

行政・業界ニュース

記事一覧