東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 はとバス(東京・大田区)は、ゴールデンウイーク(GW)期間中の宿泊付きバスツアーの利用者数を前年比39%増の2600人を見込むと発表した。今年のGWは新天皇の即位に伴い、4月27日から5月6日まで10連休となる。 4-6月の利用者は同5%増の5900人と予想している。

 10連休で国内旅行需要は高まると見ている。宿泊ツアーで「旬の花鑑賞」や「立山黒部アルペンルート」の定番コースのほか、新コースとして堂ヶ島海岸(静岡県西伊豆町)の夕日が楽しめる「堂ヶ島温泉ホテルと伊豆半島の旬景を訪ねて」など5つ設定した。



       

路線バス

記事一覧

高速バス

記事一覧

観光・貸切バス

記事一覧

行政・業界ニュース

記事一覧