東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 東急トランセ(東京・目黒区)は2月1日から、高速バス「渋谷-軽井沢・草津温泉線」の一部の便を延伸し、「たまプラーザ駅」(横浜市)または「二子玉川駅」(東京・世田谷区)を発着にする。軽井沢エリアに新停留所を3カ所設ける。

 1日4往復のうち、たまプラーザ発着を1往復、二子玉川発着を2往復それぞれ走らせる。いずれも渋谷マークシティを経由する。新設の「軽井沢72ゴルフ」「プリンスショッププラザ前」「軽井沢プリンスホテルウエスト」に停車後、軽井沢駅などを経由して草津温泉へ向かう。

 たまプラーザからの運賃は大人3300円~3800円(子ども1650円~1900円)、二子玉川からは同3000円~3500円(1500円~1750円)。

 同線は上田バス(長野県上田市)、京王電鉄バス(東京・府中市)と共同運行。



       

路線バス

記事一覧

高速バス

記事一覧

観光・貸切バス

記事一覧

行政・業界ニュース

記事一覧