東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 京王バス中央(東京・府中市)は12月7日深夜から、新宿駅と国立駅を結ぶ「深夜急行バス国立線」の出発地を新設の大手町に変更する。東京駅にも新たに停車させる。新宿から国立駅までの各停留所までの運賃をそれぞれ50円引き下げる。

 大手町フィナンシャルシティグランキューブを午前0時25分に出発。東京駅南口に0時40分、新宿駅西口に1時25分、それぞれ経由する。府中駅、浅間町、武蔵小金井駅、国分寺駅、泉町三丁目の各停留所に停まり、国立駅に2時30分に着く。

 国立駅までの運賃は、大手町・東京駅から3000円、新宿駅から2500円。


路線バス

記事一覧

高速バス

記事一覧

観光・貸切バス

記事一覧

行政・業界ニュース

記事一覧