東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 アルピコ交通(長野県松本市)と長電バス(長野市)は12月22日から、白馬村と山ノ内町の2大スノーリゾートを結ぶ高速バス「白馬-志賀高原線」を運行する。来年2月28日まで

 所要時間は2時間30分。途中、スノーモンキーパークに停車する。1日2往復走らせる。

 白馬からの片道運賃は、スノーモンキーパークまでが大人3900円(子ども1950円)、志賀高原山の駅までが同4400円(2200円)。


路線バス

記事一覧

高速バス

記事一覧

観光・貸切バス

記事一覧

行政・業界ニュース

記事一覧