東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 茨城県神栖市は11月1日からコミュニティバスの実証運行を始めた。高齢者や学生らを対象に、バス空白地域の解消や千葉県方面への移動手段の確保を図る。来年10月31日まで実施する。

 運営主体は市地域公共交通活性化協議会。バスは関東鉄道が運行する。

 「平泉関下-小見川駅」(系統1)と「鳥栖神社-ふれあいセンター湯楽々」(系統2)の2ルート運行する。系統1は朝と夕方に運行し、平泉関下からは1便、小見川駅からは2便走らせる。大人運賃は170円~200円。系統2は日中の時間帯に3往復(6便)運行する。運賃は大人170円~500円。


貸切バス

記事一覧

乗合バス

記事一覧

コミュニティバス

記事一覧

行政・業界ニュース

記事一覧