東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 一畑バス(松江市)は、ドライバー異常時対応システム(EDSS)を搭載した車両1台を導入した。同システム搭載のバスは山陰地区で初。

 運転者が体調急変など運転の継続が困難になったときに、運転席や客席にある非常ブレーキスイッチを押すと、車両が減速を始め停止する。車内はブザー音と赤色ランプの点滅で、車外にはハザードランプやブレーキランプの点滅とホーンで異常を知らせる。

 出雲市駅と大阪駅を結ぶ高速路線で走らせている。


貸切バス

記事一覧

乗合バス

記事一覧

コミュニティバス

記事一覧

行政・業界ニュース

記事一覧