東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 日の丸自動車興業(東京・文京区)は水陸両用バス「スカイダック」に銀座発着のルートを設定し、10月7日から運行する。

 スカイダッグを活用した観光振興策の社会実験を、中央区と協定したことを受け走らせる。銀座や東京ベイエリアの街並みを、水上と陸上から楽しめるコースとしている。

 銀座6丁目(GINZA SIX内)が発着で、水上コースが異なるA、Bの2ルートを設定。Aコース(金、土曜日運行)は豊洲から、Bコース(日曜日運行)はお台場から、水上バスとして東京湾を遊覧する。その後、レインボーブリッジを経由し銀座に戻る。

 所要時間は約100分(陸上70分、水上30分)。1日3便走らせる。金・土曜日はトワイライト(夕暮れ)運行で1便増やす。多言語(英、中国、韓国)によるパネル案内を行う。料金は大人3500円、子ども2000円。


貸切バス

記事一覧

乗合バス

記事一覧

コミュニティバス

記事一覧

行政・業界ニュース

記事一覧