東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 関東自動車(宇都宮市)は10月1日から、路線バスの運賃を値上げする。近県のバス事業者と比べて割安に設定していた、短距離区間の運賃を改定する。

 市内の地帯制区間は現行1地帯150円を170円に、2地帯以降は210円を220円にアップする。宇都宮駅東口均一運賃区間(150円)は、距離に応じて160~170円に上げる。

 値上げは、公共交通ネットワークを担う人的資源の不足や燃料費の高騰、安全対策への投資などコスト増加が見込まれるためとしている。

 同日、合併により承継する東野交通の路線の運賃は、短距離区間を除き、同額もしくは安価になるよう設定する。


貸切バス

記事一覧

乗合バス

記事一覧

コミュニティバス

記事一覧

行政・業界ニュース

記事一覧