東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 京成バス(千葉県市川市)、松戸新京成バス(同県鎌ケ谷市)、京浜急行バス(東京・港区)は9月1日、JR新松戸駅・松戸駅と羽田空港を結ぶ高速バスを共同運行する。6月に完成した東京外環自動車道の千葉区間を経由し、松戸駅と羽田空港を最短50分で結ぶ。

 運行は1日11便(松戸市内発5便、羽田空港発6便)。新松戸駅へは一部の便が乗り入れる(上り下り各2便)。運賃は大人片道1300円。

 運行開始の記念式典が29日、松戸市内で開かれ、京成バスの斎藤隆社長は「市内から羽田まで乗り換えなしでアクセスできる。この路線を皮切りに市内の交通のさらなる利便向上を目指したい」と強調した。 


路線バス

記事一覧

高速バス

記事一覧

観光・貸切バス

記事一覧

行政・業界ニュース

記事一覧