東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 西東京バス(東京都八王子市)は18日、檜原村と連携し、ラッピング車両を導入する。西東京バスのキャラクター「にしちゅん」と檜原村の「ひのじゃがくん」を車体にデザインする。

 檜原村がシンボルにする花をイメージした「やまぶき号」と、水の流れる音を表現した「せせらぎ号」の2台を導入する。車内のつり革や座席シートもオリジナル仕様とする。

 武蔵五日市駅を起点に「和馬線」「藤倉線」「払沢(ほっさわ)の滝入り口線」をメーンに走らせ、観光客をはじめ利用者増につなげる。


貸切バス

記事一覧

乗合バス

記事一覧

コミュニティバス

記事一覧

行政・業界ニュース

記事一覧