東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 京浜急行バス(東京・港区、平位武社長)は3月26日、制服をリニューアルする。4月1日に羽田京急バス、横浜京急バス、湘南京急バスの子会社3社を吸収合併し新たなスタートを切ることから実施する。制服一新は同社発足以降初となる。

 新しい制服は、三越伊勢丹契約デザイナーの岡義英氏がデザインした。生地は大手航空会社も採用する日本毛織の「NIKKE MIRAITO」をバス業界で初採用。高いストレッチ性を持ち、快適な着心地で疲労を軽減する。 自動車運送事業の根幹である「安全・安心輸送」、地域の生活を支えるとともに、日本・東京の玄関口である羽田空港で送迎を行う事業者としての「責任感」や「誇り」をコンセプトにした。

 対象は運転士・営業所職員、所長、羽田空港旅客案内係。子会社3社については4月1日に変更する。


貸切バス

記事一覧

乗合バス

記事一覧

コミュニティバス

記事一覧

行政・業界ニュース

記事一覧