東京交通新聞社がお届けするバスニュース専門サイト

 宮崎交通(宮崎市)は7日、九州運輸局から貨物運送事業許可を取得した。路線バスによる「客貨混載」で、350キログラム以上の大量の貨物輸送に対応する。

 同社の客貨混載は2015年10月スタートしたが、貨物の重量制限のため農産物の出荷最盛期は対応しきれなかった。

 昨年9月の規制緩和で貨物事業の許可を取得すれば350キログラム以上の貨物が輸送できることになった。同社では今年4月、運行管理者の確保にめどがついたため、乗合バス車両による貨物事業許可申請を出した。今夏にも、西都~西米良を結ぶ路線バスで貨物事業に乗り出す。


※コメント欄ご利用にあたって

貸切バス

記事一覧

乗合バス

記事一覧


コミュニティバス

記事一覧

行政・業界ニュース

記事一覧